最後の卵焼き(バケット付き)【映画の「食べる」を楽しむ:「シェフとギャルソン、リストランテの夜」】  

街を歩いていると、 「お、こんなところに新しい店ができてる。前どんな店があったとこだったっけな…?」 となることが、ままある。 「この前できたばっかりだったのに、もう無くなってる!」と驚くことも。 新しい店が出来ては消え、出来ては消えするような…

『三行文庫vol.16』【桜の文字が入っている×小説】

ステキな3人が毎回「気分×テーマ」に沿った本を紹介。 ステキな3冊を3行でー 「三行文庫」 第2、第4水曜日更新。 春と言えば桜、 桜と言えば春。 そんな春の代名詞的な桜ですが、 皆さんはもうお花見に行かれましたか? お花見のあの空間が大好きなんで…

夢を追い続けることの大切さ『ディック・ブルーナ 夢を描き続ける力』

まっすぐ見つめる2つの黒い目と、お口のバッテン。 この言葉だけで頭の中にイメージが浮かんだ人もいるのは。 シンプルな可愛さで世界中の人に愛されている「ミッフィー」。 本当の名前は、オランダ語で"Nijntje"(ナインチェ)と言います。 ミッフィーは、オ…

『三行文庫vol.15』【旅をしたい×心に響く本】

ステキな3人が毎回「気分×テーマ」に沿った本を紹介。 ステキな3冊を3行でー 「三行文庫」 第2、第4水曜日更新。 近ごろは、そろそろと足を忍ばせるように、春が近づいてきたように感じます。 まだ若干の肌寒さは残るものの、ウールのコートを着るのも…

『大人の児童書目録 vol.8』【チューインガム 一つ】

こんにちは。 3月も下旬、菜の花が咲いているなあ、と思っていたら もう桜も開花しているようで… 時間の流れに全くついていけておりません、たけはるです。 年度末のバタバタのせいで、 つい出てしまうのが「運転の粗さ」。 先日も仕事で原付で移動している…

『せとうちアート探訪 vol.3』 ぼくとわたしとみんなの絵本の世界

「ここのところ、急に冷たい風が吹いたりする日もあるけれど、ほとんど毎日がポカポカ陽気で、公園全体がうす桃色にかすんでいる。」 (高山なおみさんのエッセイ『帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。』より) うす桃色な季節にはまだ少し…

『三行文庫/番外編』【本を軸に人生を話そうinタビサキ】

ステキな3人が毎回「気分×テーマ」に沿った本を紹介。 ステキな3冊を3行でー 「三行文庫」 第2、第4水曜日更新。 以前の記事でも書かせていただきましたが、先日、岡山県玉野市宇野で開催されたイベント「タビサキ」に三松文庫として参加してきました。…

想う、書く、届ける【恋文の技術】

こんばんは。 三松文庫あかまつです。 三松文庫店主を名乗っているくせに 本に関する記事を全然書いていなくてすみません。 「こういうものを書きたいなぁ」と頭は動かしているのですが こたつとお布団が僕を離してくれないのです。 しかし!季節は変わり冬…