考える

上下巻の「非日常」【百万畳ラビリンス】

【※ネタバレなし】 異世界に急に飛ばされる物語は今も昔も変わらず人気があるものですよね。 使い古された設定のようでいて、いまだにたくさんの異世界ものの作品があります。

僕には何かを作ることはできない。【『高原康平の世界観』:連載第2回】

香川県でフリーランス・プレイングマネージャーとして、企業数社のマーケティングサポートを行っている高原康平さんの連載「高原康平の世界観」 第2回は「僕には何かを作ることはできない」です。 前回までの記事はこちらから▼ hontopia.hatenablog.jp (以…

「お金」について勉強する本(※お金の稼ぎ方を学ぶ本じゃないよ!)【お金2.0_新しい経済のルールと生き方】

突然ですが、僕は旅がすごく好きで、1年中ずっと旅行してたいな~って思ってます。 けれども、如何せんお金がなくて(泣) なので、もっとお金があればな~と思うこともしばしばあります。 人間の悩みは①お金の悩み②人間関係の悩みこの2つが多いといわれてい…

気に入らないことがあると聴きたくなる。こんなもんじゃねえだろ。【『音楽では守りに入るな』:第1回「phatmans after school」】

音楽をこよなく愛するバンドマン・マツモトシュセイによる 『音楽では守りに入るな』 マツモトシュセイが「知る人ぞ知る」バンドを紹介していく”攻め”の連載です。 自身の感性に正直なマツモトさんのオススメを皆さんも聴いていただければ幸いです。 (以下…

生きる意味なんてないよ【『高原康平の世界観』:連載第1回】

hontopiaで新しい連載が始まります。 その名も「高原康平の世界観」。 高原康平さんは、2018年3月に大学を卒業し、同4月から新卒フリーランスとして働き始めた方で、現在は香川県でフリーランス・プレイングマネージャーとして、企業数社のマーケティ…

恋愛をしたい男性諸君へ捧げる【モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門】

こんにちは。センチメンタリストあかまつです。 「若者の〇〇離れ」はよく聞く話ですね。最近は若者の恋愛離れや草食化も進んでいると言われており心当たりのある方も多いはず。しかし、本当にそうなのか?若者は恋愛をしなくなったのか?

猿も木から落ちる。脳も罠にかかる。【「世界は感情で動く」 ~行動経済学から見る脳のトラップ~】

世界は感情で動く : 行動経済学からみる脳のトラップ 作者: マッテオ・モッテルリーニ,泉典子 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2009/01/30 メディア: 単行本 購入: 9人 クリック: 105回 この商品を含むブログ (53件) を見る 僕たちは、普段日常の中で…

「地域コミュニティ」に興味のある方必読!※それ以外の要素も盛りだくさん!【ローカリズム宣言:「成長」から「定常」へ】  

ローカリズム宣言―「成長」から「定常」へ 作者: 内田樹 出版社/メーカー: デコ 発売日: 2017/12/07 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 本書は、哲学者でもある内田樹さんが人と暮らしと地域社会を繋ぐ雑誌「ターンズ」に寄稿し…

地元を愛し、立場を超えて、意見を出しあうイベント【さぶみっと!ヨクスルin高松】

「地域活性化」や「地元を盛り上げよう」といった言葉を耳にすることはありませんか? 身近なところを見ても、地方や自分の住む地域から何かを始めたいといった思いを持った人が、増えてきているように感じます。 そんな中、今回は香川県で開催されている地…